これだけは知っておこう。美容系のクリニックを受診する際に必要な情報とは

美容医療の種類

エステティシャン

目的によって治療を選ぼう

銀座には美容外科クリニックがたくさんありますが、色々コースがあって何を選んだらよいか分からない人も少なくありません。利用する目的によって推奨される治療法は異なるため、自分がどんな治療をしたいのか、予算はどれくらいまで出せるのかをあらかじめ決めておくべきです。例えば、美容外科には関心があるけど、大々的に顔は変えずに年齢相応で良く、かつ予算も年間で10万円程度という人がいたとします。その場合、レーザーでのシミ治療・ヒアルロン酸やボツリヌスなどの注射治療などが適しています。さらにクリニックで行っているピーリングの中でも、作用がマイルドなものを選んで月1回程度施術を受ける、という治療が好適かもしれません。レーザーや注射でポイント的に気になるシミやシワを解消できれば、ある程度目的は達成されたことになります。またピーリングに通うことで、自分のコラーゲンを増やして肌のハリをキープできるので気分が良くなります。銀座にある美容外科クリニックの施術は非常に種類がたくさんあるため、カウンセリングを受けながら目的に沿ったものかを判断する必要があります。

美容外科など美容系クリニックでは、様々な美容医療が行われていますが、ピーリングもその1つです。銀座にはピーリングを実施している美容外科クリニックはたくさんあり、色々なピーリング剤が用いられています。ピーリング剤には大きくアルファヒドロキシ酸とベータヒドロキシ酸とに分類されます。アルファヒドロキシ酸には、リンゴ酸やクエン酸や、グリコール酸などがあります。これらは水溶性の酸という特徴があります。アルファヒドロキシ酸の中でも、リンゴ酸やクエン酸は作用がかなりマイルドです。リンゴ酸やクエン酸よりも作用が強いのがグリコール酸です。さらに強力なのがトリクロロ酢酸(TCA)と呼ばれるものであり、一般の人が扱うのは難しいとされています。ベータヒドロキシ酸では、サリチル酸がこれに該当します。油性の酸であり、皮脂が詰まった毛穴にもしっかり馴染み、ニキビ治療や毛穴引き締めなどの治療に使われることも少なくありません。アルファヒドロキシ酸でピーリングを行うよりも、施術後に皮がむけたり肌が荒れたりしにくいメリットがあります。そのため、銀座の美容系クリニックでは、ベータヒドロキシ酸を採用するところが多いです。

Copyright© 2019 これだけは知っておこう。美容系のクリニックを受診する際に必要な情報とは All Rights Reserved.