美容医療とは|これだけは知っておこう。美容系のクリニックを受診する際に必要な情報とは

これだけは知っておこう。美容系のクリニックを受診する際に必要な情報とは

美容医療とは

注射器

美容系クリニックでシミ治療を受けよう

全国各地に美容外科はありますが、東京都心部にある銀座エリアでも例外ではありません。美容外科では様々な治療が行われていますが、シミを改善させるレーザー治療もその1つです。ある特定の波長を発する機械を用いて、患部にレーザーを当てて治療します。ところでレーザー治療を行う上で気になるのが、費用や通院回数かもしれません。保険が効かない治療であるため、医療機関によって治療費は様々ですが、おおよそシミ1箇所につき、3,000〜4,000円が相場とされています。その他に初診料・塗り薬・テープ代などがかかるため、トータルの費用はもっとかかることになります。通院に関していえば、一般的には治療後に1度再診すればOKとされています。ただし深いアザになっている場合などは、数回の通院が必要となります。ちなみに先天性のアザの場合、一部レーザー治療で保険が適用されることがあります。保険で治療を行う場合でも、治療費は1回あたり10,000円近くになります(3割負担の人の自己負担額の相場)。銀座の美容外科でレーザー治療を行うときは、カウンセリングで料金体系をチェックすると良いです。

銀座の美容外科で実施されるシミ治療にはいくつかの種類があります。まずはピーリングと呼ばれる治療法では、肌表面にある角質を除去させます。ピーリングをすると肌の新陳代謝がアップするため、古いメラニン色素が排泄されてシミが薄くなる効果が期待できます。ピーリングによる治療が効果的なものとして、炎症性色素沈着が挙げられます。炎症性色素沈着とは、やけどやニキビ痕や化粧品のかぶれによってシミになったものをいいます。またビタミンCイオン導入も、シミ治療で導入されることがあります。これは電気の力によって、ビタミンCを肌の中に浸透させる治療法です。ビタミンCの化粧水などを肌に塗布して電極を当てて、微量の電気を流し込みます。電気を使った治療法ですが、比較的作用はマイルドであるため、刺激に弱い人でも行えます。銀座の美容外科クリニックでビタミンCイオン導入を行うときは、肝斑や炎症性色素沈着などに適応されることが多いです。イオン導入された美顔器は市販でも手にすることができますが、より確実性を高めたいならばクリニックで行うと良いです。

Copyright© 2019 これだけは知っておこう。美容系のクリニックを受診する際に必要な情報とは All Rights Reserved.